マレーシア帰り

大西です。
1つ前の記事のとおり、マレーシア帰りのaokさんと鷹巣山に行ってきました。
メンバーは、aokさん、ヒロさん、クラヤ、大西、辻、西の5人。
おお!5人もいたのか。
久々の大人数。
といっても5人だけどw
電車の中でaokさんと再会。
私大西は来年以降、aokさんの”元”職場の近くで働くことになりましたので、ご挨拶を申し上げておきました。
aokさんいわく、毎日仕事の前に山に行けるぐらい山に近いとのこと。
・・・タローさんにナッチャウヨ?
少し未来に希望が持てるようになりました。
tkns2
登り口の駐車場で先走っていた辻と合流。
ここで各々メンテタイム。
クラヤはリアブレーキのパッドがなくなってるとのことで、新品に交換♪
tkns1
って、何だこのパッド!?
古いデオーレのパッドみたいだけど、どこをどうやってもXTには付かない・・・残念。
諦めて、パッドを限界まですり減らして走ることに。
久々に鷹巣に来ると登りが延々と長く感じられる。
そこへ来て、「近道」と表示があれば誰でもそちらへ行きたくなるのは必定。
というわけで、大西クラヤで初めてこの近道(舗装で、斜度が突然急になるところにあるやつ)を行ってみることにしたんですが・・・
この近道は歩行者用(つまり山道)でした・・・orz
乗って登れないことはない道を、心拍数をガンガン上げてこぎ、限界になったら押し・・・
体力ゲージの消耗は激しかったものの、先発した人々よりも早く舗装路終点まで辿り着けたので、まあ近道といえば近道?
tkns3
消耗した体力ゲージを、プロテインで補わんとするクラヤ。
底の浅い容器は、「お弁当感覚」でいい感じらしい。
意味するところは問わないでもらいたい。
tkns4
舗装が終わっても、延々山道が続いている。
それが鷹巣。
tkns5
なるべく最初は乗って登ることが、鷹巣を楽に登るコツ(だと、体力があるときは思っていた)
tkns6
がしかし、体力が無い時はそもそも乗れない、ということに気が付いた。
tkns7
この長さに文句をたれながら、進む。
tkns9
やっと水場。長かった・・・
tkns10
tkns11 tkns12
小屋で昼食を食べながらパラパラ非難小屋のノートを見ていると、こんな書き込みが。
tkns13
やってますとも。と、サトータローさんに代わって答えておこう。
tkns14
ようやくここまで来た、山頂。
この日は天気がイマイチで、眺めはそんなに良くなかった。
というか、ぼやぼやしてたら雨が降ってくるんじゃないか?ぐらいの雲行き。
まー大丈夫だったけど。
前回と一緒だけど、動画。
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=GDs52qg75nW:bhad:Og:bi:03D5G5.x1sS5Zf7/xmLaiebTUjgKJUd:Dx/O:y6:NW:YQP.jLghVIU4bhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray
BGMなしの修正版をアップしようと思ったんだけど、手違いでBGM入れたまま書き出してしまったみたい。
眠い頭でやるとダメだね。
ファイルも整理してしまったので、今あるものからでは音なししか作れず。
修正版アップは断念。
ごめん、西。
しかし、ハンノキ尾根は酷いことになってたなー。
昨年の台風の爪あとも未だに残っている感じだった。
そして茂りすぎ・・・もうちょっと人とかMTBとか通っておくれよ、と思った。
tkns15
下った後はアイシング。
お疲れちゃんでした。
最後にBGMについて。
BGMをつけると確かにカッコイイ。
同じコースの映像でも印象が違ってだれることがなさそうで良い。
編集してる分にも楽しい。
と、いいこと尽くめなので、これからもBGMありで作って行きたいんだけど・・・
いかんせん著作権の問題がややこしい。
著作権フリーの中からいい曲を探すのもかなりの手間だし。
今回ヒロさんに動画を送る時に使った宅ふぁいる便で送るのはどうだろうか。
100Mまで送れるようなので、アップロード、ダウンロードでテマがかからなければアリかな?
アメンバー限定公開にすればいいのか?
少し溜まったところでメディアに焼いて配る、とか?
何かいいアイデア、情報をお持ちの方がいたら教えてくださいな。

マレーシア帰り」への1件のフィードバック

  1. taro

    SECRET: 0
    PASS:
    昼飯吹き出しそうになった
    BGMは付けるとカッコいいけど面倒だよね
    私はニュージーランドのまとめ動画で使ったきり
    去年は週2回山行って毎回動画upしてたから編集に凝るヒマがなかったなー

    返信

taro にコメントする コメントをキャンセル