夏合宿報告

8/31☁ 25km
 昨日は結局フェリーターミナルのベンチで一泊した。
 さて、苫小牧と言えば何があるだろうと色々とパンフレットなどを見てみると、ホッキ貝が有名らしい。ホッキ貝はあまり馴染みがないのだが、さっそく食べに行った。マルトマ食堂。港に面した漁師さんのための食堂である。しかし、昼時の店内は観光客でごった返しだった。ホッキ丼を注文する。
$われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記 $われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記
 なんと生ホッキがたっぷり乗っているではないか。正直、貝を生で食べるのはちょっと抵抗があったが、
食べてみるとさっぱりしていておいしい。生ならではの食感とほのかな甘みが食欲をそそる。むしろ刺身で頂いた方がで正解である。
 腹ごしらえしたあとは、市内を軽くポタリングした。そう、苫小牧と言えば約2週間前にハシモト君が失踪した時に走り回った場所だ。ずいぶん前のような気がした。
 しかしポタリングといっても観光名所らしきものは市内から離れている。遠出はしないで、夕方にはターミナルに戻り、またベンチで夜を明かすことにした。
9/1 ☀ 17km
 快晴だった、しかし夕方には船が出るそうなので、市内の博物館に行った。地元の小学生に混じりながら見学した。近くの科学センターにも行った。いずれも何となく市の財政難を伺えるような常設展示だった。
なぜか科学館にはロシアの宇宙船「ミール-Mir-」が展示してあり内部にも入ることができたので、いろいろと遊んでみた。(ちなみにこれは実際宇宙へ行ったものでは無く予備機らしい)
 その後展望台に行き、しばらく街を眺めていた。冷房が効いていて、BGMが流れていて、自分一人だけだったのでここではずいぶんと時間をつぶした。
$われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記 $われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記
そしていよいよ乗船。
$われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記
そして出港した。
$われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記 $われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記
    夕日が眩しい                    さらば北海道
 台風の影響で船はかなり揺れ、船内はミシミシ音を立てていた。しかし床に就くとそれが心地よく思われ
、気持ちよく眠れた。
9/2☀ 120km
 朝起きるともう仙台沖を航行していた。朝風呂に入りリラックスた後、デッキで涼んでいた(船酔い気味)。そうこうしている内に、昼食タイムになり、ほどなくして大洗に到着。一か月近く自転車に乗っていたが、意外とあっという間に終わってしまった。しかし内容はかなり濃く、忘れられない思い出になった。
今回は日本海側、道央を中心に走ったので東側はまだ手つかずである。またいつか、回ってみたい。
$われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記 $われらがWFR ★ 早稲田大学山岳サイクリング部動画日記
                                家まで自走した(疲れた…)
合宿データ
参加者
 ツジ イトウ ハシモト タニカワ カナガワ ナガシマ(敬称略)
27泊28日(途中合流、離脱あり)
総走行距離   2329km
はぐれた回数   一回

夏合宿報告」への3件のフィードバック

  1. イトー

    SECRET: 0
    PASS:
    一日一日が思い起こされる、、、。また北海道に行きたくなった。

    返信
  2. カナガワ

    SECRET: 0
    PASS:
    お疲れ様です
    北海道も楽しそうですね。いつかは走りに行きたいです。

    返信

コメントをどうぞ