横指尾根

ツーリングレポートの途中ですが、ここで山サイの報告も一つ。
伊藤、長嶋は日原方面のとある山へ出かけて参りました。
yokozus 001
 10月だというのに何故か初夏の様な強い日差しが燦々と降り注いでおりました。まあ、晴れていれば万々歳なのですが。今日は一路川乗方面へ向かいました。沢を伝って林道を上り、一気に標高1000m付近まで上がります。流石にここまでくれば涼しいものです。山肌も徐々に紅葉が始まっているようでした。
yokozus 002
 山地図を見るとアプローチは破線になっています。ちょっと不安があったものの、いざ山道に入ると良く踏まれたしっかりした道だったので、ちょっと安心しました。途中、片側崖の危険ゾーンが有りましたが、広葉樹のなか森も明るくなかなかいい感じの道でした。
PA160005
PA160274
 
 県境の尾根に上がるとさらに美しい道が続いていました。アップダウンが激しいですが、景色を楽しみながら走れるのでちょっと癒されます。やっぱ山サイは秋ですね。個人的には10月、11月の奥多摩は最高です。ちなみに夏は暑いし虫多いし、いいこと無いです。
 
 
PA160006
PA160007
 途中、「一杯水の沢」にて水を汲みました。ほんと茶碗一杯しか汲めないようなか細い沢でした。涸れていることも多々あるようで、この水場はあまりアテになりません。
PA160011
 避難小屋には先客が一名おりました。後にも先にも、ここで有った人以外の人には合いませんでした。しかし、意外と人気のコースのようなので、時間帯には要注意ですね。ここの時点で既に午後三時をまわっていたので、さっさと飯を喰らい、下り始めます。日もずいぶん短くなり、4時には森の中は暗くなってしますのです。
PA160014
 で、肝心の下りはと言うと、「まあまあ」というところでしょうか。アプローチが長い割には下りが短い。道が狭い。しかし、トレイルの雰囲気が結構よく、場所によってはいい眺めが望めます。他のコースが飽きてきたら、たまに来るお楽しみルートと言ったことでしょうか。また避難小屋に泊まり、さらに雲取山にも泊まれば、奥多摩を縦走でき、石尾根にも出て来れるのではなどと考えたりしました。
 横指へのアプローチの途中のトヤトトヤド尾根もいい感じだったので、今度はそっちも攻めてみようかな。
 
 PA160280
 
 PA160281
PA160285
PA160016
日原からみた富士山。
ではなくて本仁田山。堂々としています。

コメントをどうぞ