ツーリング2012 in 北海道 その7

ラストスパート。
20日目 9/17 曇り
雨は上がっている。
風が強い。
どうしていつも向かい風なんだ。
軽トラで僕を追い抜いて行く漁業のおばちゃんに元気をもらう。
DSC01955
途中オホーツク海側の北緯45°を通過。えっ、これだけ…
それにしても何もない。
たまにあるセイコマだけが味方。
今まではだいたい20km間隔でセイコマがあったのに、オホーツク海は30kmごとにしかない。
この+10kmが何かと辛い。
風が強くて20km/hはおろか、15km/hも出てるか怪しいくらいのペースで漕いでゆく。
ここが今年一番しんどかったかも知れない。
辛かったからか、写真なんて1枚もなかった…
浜頓別を出発して80km、ようやく道の駅おうむに到着。
DSC01957
雄武と言えば蕎麦、らしく、豪華に月見ダッタンそばを頂く。
そこから20kmほど漕いで、本日の宿、「道の駅おこっぺ」へ。
マップルには「無料宿泊所併設」と書いてある。
DSC01962
それがこれ。
豪華すぎる泣
内装も綺麗、コンセントも使ってよし、洗面所もあり、これで無料…ありがたや。。
DSC01971
おこっぺアイスなるものを食べました。寒かったけど。名物なら食べなきゃダメでしょ。
おこっぺアイスとは
澄んだ空気とどこまでも続く草原、そんなオホーツクの豊かな自然の中で牛たちはすくすくと育ち、興部で搾られるミルクは乳脂肪分高めの濃い味とコクが自慢、そんなミルクを100%使用し、原乳には特に乳質の優れた生産者のものを厳選し、絞られたその日のうちに製品になる安定剤・乳化剤等を使用していない、原料のおいしさをそのまま楽しめるアイスです!(一部抜粋)
確かにおいしい。超濃厚。なんかすぐべろべろ溶けてくる。本当にアイスかおまえ。
今まで食べたアイスの中でもかなり上位に食い込むのでは。今まで食べたアイスなんてほとんど覚えていないけれども。
宿にはまだ誰もいない。
ささっと自炊をしながらマップルを眺める。
網走まであと130kmか…
よし、明日中に着けるじゃん。今日はさっさと寝よう。
DSC01972
レトルト牛丼をほおばる。
一人だとどうしてもレトルトになってしまうのが悲しい。
17時、驚きの早さで就寝。
他にも人がやってきて電気がつけっぱだったのでなかなか寝付けなかった。
外では消防車のサイレンが鳴っている。
近い。
「ただいまのサイレンはAコープの火災によるものです…」
さっき買い物した店じゃん!
105km 
21日目 9/18 晴れ
最終日だと意気込んで
4時、驚きの早さで起床。
寝たときは数人しかいなかったのに、ぎゅうぎゅうだった。
当然辺りはまだ暗いのでヘッドライトを点けて周りの方に迷惑かからないようにそっと出てゆく。
DSC01979
朝焼けがまぶしい。久しぶりに太陽をみた。
早朝のこの空気、この一面の大自然、この孤高感、最高。
ぐいぐい距離を稼ぐ。
DSC02002
まるで漫画の一コマのような、夏の終わりのような、そんな風景。
DSC02005
気づいたら80km、ほぼノンストップでサロマ湖に到着。
DSC02010
ちょっと寄り道。
サロマ湖の砂嘴の中を走っていきます。
DSC02019
DSC02028
これ奥まで行ったら千と千尋の神隠しみたいにブタさんの世界に巻き込まれて帰ってこれなくなるんじゃないか、てな感じの道。
そんなロマンチックな性格ではないけれども。
ここにもハマナスの赤い実がたくさんありました。
原生花園の砂嘴の中を5kmほど進むと間もなく終着、ワッカの水に到着。これより先は原生花保護のため立ち入り禁止。
DSC02029
DSC02032
こやつ。両側が海水で囲まれた砂嘴のど真ん中で湧く水なんて…真水!?
真水が湧いてます。
意味わからない。自然って素晴らしい。そして甘くておいしい。
DSC02030
ちょっと寄り道し過ぎてしまった。
網走まで残り30km。この日すでに100kmを優に超えている。
かなり疲れは溜まっていたがラストスパート。最終日らしくていいじゃない。
そういえば去年もラストの日は150km位走ったな…
DSC02054
やっと着きました、網走監獄。
DSC02063 DSC02069 DSC02074 
正直
一人で行くところじゃないよここ!
体験コーナーとか一人だとなんもできなくて寂しいし、何よりマネキン不気味すぎるし。もはや肝試し気分だし。
DSC02098
その後市内のライダーハウスへ。
先に泊まっていた北大のサイクリストさんと夕食を食べに行くことに。
宿の入口に貼ってあった食堂へ向かう→定休日
DSC02091
近くのお好み焼き屋さんで流氷焼きを頂きました。
網走の名産長芋が流氷を表している…のかな?
それにしても流氷+焼きって名前いったい…
そして僕が今日で終了だと北大の方に告げると、飲みまで付き合ってくれた。
DSC02093 DSC02092
網走流氷ドラフト。網走の流氷を使用した青いビールです。さっぱりとした印象で飲みやすかった。
ほんと良い方で、素敵な出会いでした。
ほろ酔いで気持ち良くすっと眠った。
140km
←前 次→

ツーリング2012 in 北海道 その7」への4件のフィードバック

  1. KNGW

    SECRET: 0
    PASS:
    このブログの網走監獄とライダーハウスには見覚えがあるぞ.
    たぶん2年前と同じだよな?

    返信
  2. SECRET: 0
    PASS:
    >longislandさん
    北海道最高でした!
    エサヌカ線だけが心残りですね…

    返信

KNGW にコメントする コメントをキャンセル