ベトナムツーリング part2

楽しい楽しい春休み。
ひがしです。
day4 2/11 Hanoi~Ninh Binh
ついにツーリングスタート。
この日は次の町まで90km超。ホテルの人に「今日はニンビンまでいくよ」って言ったら「ニンビン?超遠いよ!バイクでも3時間はかかるよ!雨も降ってるし!心配だよ!」ってめっちゃ心配してくれたけど、「大丈夫、大丈夫(たぶん)」っていいのこして出発。
IMG_0676
ホテルで朝食。ベトナムは長いことフランス領だったのでバインミー(フランスパン)がベトナム全土で食べられています。
DSC02575
朝早くからありがとう。ベトナムのミニホテルのオーナーは防犯上?だいたい玄関のところに簡易ベッドで寝ています。寒くないのかなぁ。
小雨降る中スタート。
IMG_0680 IMG_0678
平坦でとても走りやすい道。信号も街部しかないのでほぼノンストップで突っ走る。
事前にグーグルマップで地図を確認した感じでは間に大きな街がなく、不安だったので常に多めの水と予備のスニッカーズ2本を持って走っていました。
でもそんな心配をするまでもなく、国道A1沿いには多くのお店があって水とお菓子くらいならどこでも買える状況だったので、予備は最後までつかわずに済みました。
ベトナムといえば勿論バイク天国で、幹線道路沿いでもバイクは多い。A1は右側通行で多くのところが片側二車線道路。車線の一番左側がトラックなど、右側に行くにつれバイクとなっていくので、自転車は一番右側を走っていればそんなに危ない目に合うことはないと思います。たまにバイクが普通に逆走してくるけど。
ただ大型車、特にバスは運転がものすごく荒く、中央線をはみ出して追い越しなど日常茶飯事。バスはバス会社同士で速度を競っているのかバスがバスの追い抜きも当たり前。そして飛び交いまくるクラクション。ベトナムの車はやはり日本車(トヨタ、ホンダ)、韓国車(ヒュンダイ)が多く、トヨタの車もこんなにクラクション押されまくるなんて想定してないだろなんて思った。
さらに我々日本人からしたらさらに不可解なことに、同じ道路でも車種によって制限速度が違うのです。大型車は80km/h、普通車は60km/h、バイクは40km/hのように。バスはぶっ飛ばしまくりです。。。
IMG_0689
お昼ごはん。フランスパンにソーセージみたいなのを挟んだもの。店のおっちゃんがいい人でお茶やらコーラ、しまいにはお酒まで(もちろん断ったけど)出してくれてベトナム人やさしいなーってなった。ベトナムは飲酒運転しても取り締まられないんですかね…?
IMG_0699
なんやかんやで次の町ニンビンに到着。ロンリープラネットに載っている宿。気さくなおっちゃん。快適快適。
基本ロンプラに載ってる宿ははずれなかったですね、流石ロンプラ。凄まじい安心感。
おっちゃんのお勧めで近くにあるTam Cocに行ってみることに。タムコックは陸のハロン湾ろも呼ばれる絶景が広がる場所です。
DSC02604
綺麗でした。
DSC02611 DSC02621
帰りは田んぼ沿いの景色のいい道。地元の人たちにハローハロー言われまくりで楽しかった。
IMG_0726
ベトナム名物フォー。ベトナム語ではフォーよりファーって感じの発音で、フォーと言ってもなかなか通じず初めは苦戦しました。香草やらライムやら自分でお好みの味にカスタマイズするのです。店ごとに結構味が違って面白い。だいたい一杯3万ドン(150円)くらい。おいしかった。でも難点はなかなか腹にたまらないこと。後々ベトナム人の方に聞いたら、フォーは主食じゃなくておやつ的な感じなんだよ、と。なるほど…おかげでツーリング前半はかなり飢えていた笑

コメントをどうぞ