SMバンに魅せられて

5/18
怪しいタイトルになってしまいました、ですがいかがわしいことはありません。ひがしです。
というか省略しないで山の名前書いてもかなり怪しい。
セーメー○ン
とりあえず名前に魅かれたので行ってみた。

最近週1でスパ練しないと物足りなくなってきましたが、今日は一味違う。
まずはS橋駅からスタート
Untitled
山梨県の山は林道がかなり上の方まで延びているのでいいですね。延々と漕ぎ続ける。
あー疲れたもうかなり漕いだな…地図で確認するか。
まだ半分ちょい!?
あー疲れたもうちょいで着くだろ…
舗装路からダートに!?
U子山をぐるっと回るようにして登り尾根に到着。
かなり体力を消耗しながら25㎞,1200mアップの林道を終える。
きつかった…が担ぎもないのでよしとしよう。
smb001
Untitled Untitled

登り尾根を下る…
登り尾根…
かなりのテクニカルセクションと無慈悲な担ぎ降ろし…
さっきの標高400m分返してください!
最近尾根を見ても、あまり期待しすぎないようにしました。
smb003
テクニカルクラヤさん
smb004
なんなんでしょうこれ?付近に靴とか落ちてて怖いんだけど。

そんでちょっと舗装路漕いでK山峠からON山まで無慈悲な担ぎあげ。
さっき降りた分の標高返してください!
この辺はかなりクロカンコース。
乗ったり担いだりして体力をぐんぐん消耗。

しばらくしてお待ちかね
セーメ○バン
なんか安倍清明由来の地だったり、「せめぇ場(頂)」が訛ったものとか諸説あるみたい。
ここで問題が発生!
今まで予想以上に時間喰ってしまった、パパクラヤさんには時間がない!
「ちょっと時間ないから急ごう」
今週も始まりましたスパ練タイム。
がんばって漕いで乗って担いでついて行ってetc…
今までちょい冗談交じりでスパ練スパ練いってましたが、今日はガチ。
スパって温泉じゃないですよ。
温泉じゃないのでもちろんへとへとになりました。
相変わらず山梨県は僕らをへとへとにさせるのであった。

肝心の下りはというと
思ってたよりテクニカル。そして思ってたより登り返す。
それを高速でやったらそらしんどいわ。
恒例の”以下楽しい部分だけ切り取った動画シリーズ”にしようかと思ったけど、そんな場面すらほとんどなかったのでキャプチャでお届け。
smb002
スパスパクラヤさん
smb005
たまに目の前が緑一色になった。新緑がきれいでした。

スパ練に耐えて下り終える、が
下り終えですら標高700mとかなり高い。
O月駅まで無慈悲な舗装路下り。
さっき登った分返してください!!!!

きつかったけどこれも開拓の醍醐味と思ってポジティブにして家に帰った。

こっちの山梨の方は
腹摺山とかハマイバとか
今回のセー○ーバンとか
奇妙な?あまり見ないような名前の山が多くでなんか面白い。
というか山梨に限らず奥多摩だって日陰名栗山とかなんじゃそらって名前多いか。
とりあえず名前に魅かれて行ってみるってのもあり?
今回のO月の周辺には
奈良子とか姥子とか、稚児落しなんて物騒な名前もあるし
なにかと子供に由来してるであろう地名が多いけど何なんだろうなと思った。(思っただけ)

SMバンに魅せられて」への3件のフィードバック

  1. かつおくん

    そういえば稚児落しはお父さんに連れられて行ったことがあります。

    返信
    1. ひがし

      >かつおくん
      カツオくんのお父さん、つまり波平さんですね!
      稚児落し、実はちょっと行ってみたい(もちろん自転車はなしで)。

      返信
  2. けんし

    編集乙。
    スパルタになってしまい、すまなかったね。あんな時間がかかってしまうとは。けど、開拓は面白いね。

    返信

コメントをどうぞ