2017お盆ツーリング@東北(途中合流組 8/14-15)

ご無沙汰しております。
修士生のiです。

お盆あたりしかまとまった休みが取れず、くそ暑い時期しかツーリングに行けない悲しい修士生達のツーリングの模様をお伝えします。

現役達(一応修士生も現役・・・?)が8月末から北海道に行くそうで、修士生達も負けじと東北へ行くことに。
プランとしては、青森まで輪行。そこから新潟方面へ南下して行く。
新潟以降は未定。
途中合流組は適当に合流して行くという適当なプラン。

ふじけんとOBTが8/10くらい(?)に青森へ出発。
13日までは研究室やらなんやこんやで私はまだ東京・・・(お騒がせしてごめんなさい)

 

8/14(月)
15日昼に山形で合流することに決まり、
14日の午後からツーリング準備をし、18時頃出家。
新幹線に乗り込み新潟方面へ向かう。

新潟駅に23:30頃に到着。
急いで快活クラブへ向かう。
ツーリング初日(まだ始まってないか)からネカフェで豪遊する。
おかげさまで寝不足。

 

8/15(火)
朝9時前の電車に乗り込み、村上へ。
そこから乗り換えて山形県の酒田・鶴岡方面へ向かう。

海岸線沿いで合流予定だったので、鶴岡駅の少し手前の三瀬駅で下車。
なかなかいい駅でした。

そこから2-3km自転車を走らせ、由良海岸へ向かう。
駐車場で海パン履いた謎のOBTと合流。
そのころふじけんは体を焼いていた。

藤原激写シリーズ_3372
海はでけえ

とりあえず合流した記念撮影。

藤原激写シリーズ_1573

いい写真じゃねえか
ふじけんの地鶏技術が高い笑

その後に海水浴
ふじけんとOBTは海パンで、ぼくはレーパン(というかスパッツ)で
浮いているだけでもすごく気持ちいい
水着ギャルを横目に浮かぶこと1時間、そろそろ昼飯を食べることを決意

ということで近くの「海の駅ゆら」へ
注文は海岸沿いの名物海鮮丼(笑)
海岸沿いを走るとどうしても海鮮丼が多くなる・・・
まあうまいけどね!

藤原激写シリーズ_2098
↑インスタ映えする写真の撮り方(写真提供:ふじけん)
斜めからとって後ろをぼかすらしい

そろそろ出るか・・・と言って出発したのが15時ごろ?

途中マックスバリュで休憩。
おそらく山形県最西端のマックスバリュであろう(そうなのか?)
このマックスバリュで、自転車で日本縦断中の人約2名と出会う。
ふじけんがすでに日本縦断済みだったので心強い。
というか行く先々で、ふじけんが「ここ5年前に来たわ」というパワーワードが炸裂する(たまたまこの辺のルートが少し被っていたらしい笑)

再度漕ぎ出し、道の駅に向かう。
途中ふじけんに盗撮されていた。(ふじけんの地鶏技術が高い笑)
藤原激写シリーズ_6415
藤原激写シリーズ_523

負けじとOBTもふじけんを盗撮する
小畑激写シリーズ_7556
さよなら山形
ぼくは短い山形滞在でした。ありがとう山形。
そしてこんにちは新潟

到着したのが「道の駅 笹川流れ」
新潟県最北端の道の駅らしい。ちなみに桑川駅が併設してある。
夕日会館と謳っているので、ここでサンセットを拝む。
夕日を見に、カップルやら家族やらあらゆる戯れが集まる。
地元でも有名なスポットらしい。
京都の鴨川を彷彿とさせる。

小畑激写シリーズ_1268

サンセットを拝んだところで、本日の温泉へと向かう。
この辺りの海岸沿いでキャンプしている人たちが異様に多かった。どこの砂浜もテントでいっぱい。
また、ツーリング中のバイカー(自動二輪車のほうね)も多く、たくさんのサムアップを頂く。こういうのがけっこう励みになる。

なんやかんやで温泉に到着。
ぼくが独断と偏見で選んだ温泉だったが、どうやらふじけんは5年前に経験済みらしい。
おそるべし。
藤原激写シリーズ_7697

温泉後、Oばたが寂しい人のモノマネをしてくれた
それをふじけんが激写する
藤原激写シリーズ_3245
たしかに悲壮感が漂う

そして宿となる「さけ公園(サーモンパーク)」へ移動。
ここもふじけんが5年前に泊まったという公園。
あずまやもあり、水場も近い。非常にいい場所である。
3人集まった最初の夜ということでビールで乾杯!
藤原激写シリーズ_8835
村上市はサケが有名らしいので、サケ公園でサケをつまみながらサケを飲んだ。

藤原激写シリーズ_6948
ビールは「新潟限定 風味爽快ニシテ」
風味が爽快だった。

ちなみに、つまみのサケはチリ産だった。

そして修士生たちは眠りにつくのであった。

つづく

2017お盆ツーリング@東北(途中合流組 8/14-15)」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 2017お盆ツーリング@東北 Part.2 | われらがWFR★早稲田大学山岳自転車部

コメントをどうぞ